FC2ブログ

殆どの英語教員(含むTOEIC講師)が「なぜ英語?」と考えていない!

何の疑問もなく、英語を教えているのだとしたら、それは、英語を襲える資格はない、とまで思います。英語教育を受けずに母語として話せる人達、また、公用語として話せる人達は、生まれながらにして、その国にいるだけで、特権を受けていることになります。僕らはこんなに苦労して英語を学んでいるのに、彼らは何の努力もしないで世界中で自分の言葉を押し付けてくる。傲慢以外の何物でもありません。英語講師は、その傲慢な態度の...

英語を教える人達に読んでいただきたい書物

英語教員なら必修科目である「教科教育法Ⅰ・Ⅱ」。私の大学時代には、「嫁入り道具の教員免許」のように言われ、女子もたくさん履修していましたし、「就職するのにも有利」という噂もあり、男子も大勢履修していました。そんな中で、教員採用試験を受けたのは、男子のみ、で5名程度だった、と記憶しています。そんな中で、教員採用試験に合格したのは私だけでした。私よりも成績が良い同級生もいましたが、「教職知識」テストの勉...

英語教員になろう!と決めた原点を思いだそう!【長文】

「アクティブ・ラーニング」「教えない授業」でも有名な、山本嵩雄さんのFBでシェアされたリンクです。テレビ東京の「カンブリア宮殿」での特集です。【宿題・定期テストは廃止!驚き公立中学の秘密】いい題名ですねぇ~!https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/201909/18189_201909262200.html?fbclid=IwAR01PySOBipYz8gSCNFQp6AxqIgqmyBNaV7-1bFxbhfCjTpwnTW3jBkcHNYまだ見ぬうちに言うのも変ですが、このよ...

2月9日 産経新聞です お読みください。

私の勤務先のひとつ、ICC。代表の千田潤一の記事が載っています。http://www.sankei.com/premium/news/180211/prm1802110022-n1.html...

被害者は加害者の顔が思い浮かぶもの。。。

今、戦後65年たちましたけれども、残念ながら、英語教育はほとんど変わっていないと思います。少なくとも私が20年以上前、高校を卒業した時点の高校生の英語力というのは、はっきり言って今の高校生の英語力と変わっていないと思います。ですから、これ以上の失敗はない。どんなに新しいことをやって、仮に大失敗に終わったって、どうせしゃべれない、どうせ使えないという、言い方はすごく悪いですけれども、そういう状況ですから...