FC2ブログ

マン・ツー・マンのレッスンで発見 I've conceived of this.

「英語耳を開こう」講座を担当しています。おかげさまで、毎週開催できて、受講生の方々も定着してきました。主催のアルメータ株式会社さまには感謝感謝です!http://www.almater.co.jp/event/20151118%20eigo%20kishi.html今日は、受講生の方々が、様々なタイミングで、様々な事情により、参加できない状況に。それでも、時々来てくださる方が1人いらっしゃるとのこと。機材の操作関係など、ちょっとオンラインがキツイかな、と思...

ハッとした、映画のセリフ

思い悩むことの多い、「学校教育」という職業。英語の実力がついたかどうか、講師が作るテストではなく外部試験であるTOEIC L&Rを使って測る現場。その相関関係は理想的。(講師の教授内容が身についたか、外部が測る)だが、どうしても「スコアを上げる」という事が中心に据えられ、「英語を楽しむ方法を伝える」「安心して楽しく英語と向かい合う方法を伝える」から、離れてしまうことが多いものです。そんな時に見た映画、「き...

忘備録 3月3日の打ち合わせ

本日はEZEの所属するMBAアソシエイツの打ち合わせがありました。そこでの内容は、英語学習に役立つ情報満載!その中から、忘備録的にいくつか、テキスト形式で残していこうと思います。・「高専の英語(英語名: A simple way to improve listening skills )」の《改訂版》の作成!内容を「日本で活躍する社会人の皆さん」に設定して、進めています。より、自己学習がしやすいように、上達が実感しやすいように改訂していきます。...

学習者の最大の敵は・・・?

先のブログで書きました。「TOEIC講師」であると思います。これは私も含めてのことです。私の身近では、特に「満点者」講師には「学習者破壊マシン」のような方が多いです。満点でなくても、高得点者にも!満点者でも有名なJさんや、サッカーも得意なBさんはスキ!(笑)人間味にあふれているからです。一方、困った講師を見ると・・・・生徒さんの発音を冷やかな表情で見る・伸び悩む人は無視して、スコア伸びた人をやたらほめる...

今日は以前、生徒さんだったご家族の結婚式へ

今日は結婚式に行ってまいりました。新郎は、もと生徒さん。新郎の、お父様も、もと生徒さん。そして、新郎の弟さんも、もと生徒さん。英語を通して、ご家族と交流できただけでも嬉しいのに、ご長男の結婚式に呼んでいただけるとは光栄でした。乾杯のスピーチを頼まれ、ちょっとだけ、英語入れました。「愛は忍耐です」と聖書の言葉にありましたが、忍耐よりも与えることが大切だと思います。「たえる」よりも「あたえる」の方が1...