【サイレント・ピリオド】の持つ重要性



脳科学者、茂木健一郎さんのブログから。

言語習得における
文法構造意味の理解の多くは
無意識のうちに潜在的に起こる。
そのような視点からも、
一見何の進歩もないように見える
サイレントピリオドの重要性が推認されるのである。

※文字加工はキッシー

結果や成果が求められる立場にいると、
どうしてもTOEICのスコアなどに
「振り回されて」
しまいます。

今の日本のビジネス界は
「振り回されまくっている」
状態といえます。

せっかく、「大きな進歩・伸び」の手前で、
さなぎのように力と栄養をため込んでいるのに
「カラを破れ!」と刃物でズタズタにされて・・・

4月からの新学期、
繰り返し、このサイレント・ピリオドについて触れ、
学習者のみなさんを安心させ、元気づけたいと思います。

こちらからは見てはわからないサイレント・ピリオドにおける
学習者の脳内で起こっている大切な現象・成長。

「教育者」としては、「見守る」という
とても大切な役割を果たすべきだ、
と思います。

その時は、こちらもサイレント・ピリオド、
になりますね(笑)。

茂木健一郎さんのブログはこちら。
↓↓↓
http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8325406.html




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント