FC2ブログ

【私説:「送電線」は人の心を焦らせる】



【英語の話はでないかも、の巻】

送電線は「害」です。
便利ですけどね。
昔の教育テレビで小学校で見ていた「働くオジサン」、
いつも電線の作業員の姿が映されていました。
「あの人達は偉いんだ」という刷り込みですね。

日本の技術でしたら、水道管と一緒につなげて、
地中に埋めてしまうことは容易だったろう、と思います。
「空を制したい!」と「制空覇権」を狙った企業は
TV業界の最大スポンサーとなり、
日本の制空権を得、米軍戦闘機並の空支配を成功させました。

そういう電線の無い、広い所に出て、
彼らの呪縛から解き放たれる時間を持つことは
とても大切だと思います。
※BTW、電線のついていない一軒家が建つと、
  24時間もしないで、その会社の人が3名くらい来るそうです。

今日の前半は徹底した休養をとろう!と決め込んでいました。
起床したのは11:57(笑)。
寝たのは午前2時ごろでしたから、
10時間のたっぷり睡眠をとりました。

この連休は色々と都合があり、
どこへも行けないことは既にわかっていました。
ですので、ちょっとスケジュールきつかったのですが、
後半をゆっくりと過ごすために、
前半に母宅を訪問。

昨日はパソコン仕事をちょっとがんばって、
今日の夕方までを「バッファー・タイム」に。
「バッファー」=「緩衝」と言えばこの植物。
18268499_1168945863230958_2970338258867443580_n.jpg

この「クローバーの花」は明治時代に「緩衝材」として、
西欧からの輸入品にギュウギュウに詰められていて、
そこから伝わり、種子が一気に散乱して広まったと。
(お気に入りの漫画「麦ちゃんのヰタ・セクスアリス」より)

うちの息子は
「4つ葉のクローバー」を見つける
「名人!」なのです。

本当にビックリするくらい、よく見つけます。
公園に行って探し始めると、
10分程度で4~5こ見つけてしまいます。

そして、必ず母親に渡すのです。
「いいこと起きますように」と。

中々の母親思いな息子です。

話があちこち、飛びすぎですね!

4月は一気に駆け足で過ごした気がします。
GWが本当に待ち遠しかったです。

それでも、5月も一気に駆け抜けてみたいと思います。

みなさん、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント