【キッシー先生、教科書がまだ届いていません!】

本日はホスピタリティツーリズム専門学校、2回目の講義。
先週、良い感じで学生たちと盛り上がれたせいか、
就寝は1時、と遅かったのに、5時半に目覚めてしまいました。

昼休みの今、眠いです(笑)。
今年度から、午後も担当。

さて、題名に戻ります。
予想を上回る盛り上がりで終えた1限。

「2限もこの調子で!」

と息巻いていたところに、若いイケメン先生登場。
「キッシー先生、このクラスの学生たち、テキストを持っていません」

数秒、カタマリました(笑)。
がすぐに「何とかします」と笑顔で切り返し。

すると、若イケメンの先生が、
「ぜひ、授業見学させて下さい!」
とのこと。

臨時の準備だけでも冷や汗ものですが、
そこに見学が入るというのはプレッシャー💦。

なのに、いつも通り(?)「もちろん!」と笑顔で答えてしまうキッシー。

たいていは、授業の様子をうかがうだけで、
30分もすれば出ていかれる先生が多いのですが、
トッシー先生は最後の最後までいてくれました(笑)。

しかも、アクティビティには自ら参加してくれていました!
こういう先生はいいですね!伸びると思います。

クラスは、ストック、引き出しの多いキッシー・コレクションからちょちょい、と。
学生も盛り上がってくれました(?)。

昔は「同業者に見学される」のが嫌で嫌でたまりませんでした。
詳しくは書けませんが、「監視されている」ようで。。。
セミナーの後に、怒られたりもしましたし。

最近、その辺の考え方を変えてくれたのは、
千田潤一先生の企業セミナーでのひと言でした。

「岸君が同行するようになってから、やりやすいんだよな」
「できるだけ、回数多く来てくれるように」

それまで、「見られる」とやりにくかった私には目からウロコ、でした。
「やりやすい」!とは!

今日の午前中はそんなハプニングも起こりましたが、
「ハプニングを楽しむ余裕も大切」とも教わりました。

企業に向かう途中で千田先生から、
「今日は岸君がどんなポカするのか、楽しみだよ」(笑)と言われることも。

今度言われたら「スカッとさわやか『ポカ』コーラ」と答えてみようと思います。
「コーラッ!」と怒られるでしょうか?(笑)

今週はこれならできる英語合宿に行ってきます!
ojisan2_shock.png
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント